2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 付言事項 ことばのちから | トップページ | 第1回 相続人を把握する »

2013年5月 8日 (水)

財産を放棄した 相続放棄

相続財産を放棄した、ということばをよく耳にします。
「私は、財産放棄をしたから関係ない」
「あのとき、財産放棄をしなきゃよかった」などです。

ここで言う財産放棄のほとんどが遺産分割協議の結果、何も貰わなかったことを意味しています。
署名して、実印で押印して、印鑑証明書を付けた。そして、何も貰わなかった。
印象としては、「財産放棄」したと感じると思います。

民法上の「相続放棄」は、家庭裁判所に申述しなければなりません。
相続放棄をすると、初めから相続人とならなかったものとなります。

資産(プラスの財産)を何も貰わない(貰えない)という点から言うと、財産放棄も相続放棄もよく似ています。
しかし、負債(マイナスの財産)のことを考えると大きな違いがあります。

被相続人に借金があった場合

財産放棄(遺産分割)をしても、債権者にお金を返さなければなりません。
どんな遺産分割協議が行われたかは、債権者には関係ないからです。

相続放棄をすると、債権者にお金を返す必要はなくなります。
相続人ではないので、責任はないということです。

遺産分割協議には期限がありませんが、相続放棄には「3か月以内」という期限があります。

よく似ていても、決まりや効果が違うのでよく検討して判断してください。

*********************************
さかした司法書士事務所 司法書士 坂下恵司
不動産登記、会社法人登記、裁判手続きの専門家
美濃加茂市、可児市、関市、坂祝町、富加町、川辺町、
八百津町、七宗町、白川町、東白川村、御嵩町
無料相談受付中 お気軽にご相談ください
*********************************

« 付言事項 ことばのちから | トップページ | 第1回 相続人を把握する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1888191/51541747

この記事へのトラックバック一覧です: 財産を放棄した 相続放棄:

« 付言事項 ことばのちから | トップページ | 第1回 相続人を把握する »