2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 第1回 相続人を把握する | トップページ | 坂本龍馬 下関に行きたい »

2013年5月22日 (水)

第2回 相続財産を把握する

Img_0250 Img_0251

相続のしくみと遺言の書き方 第2回も無事終えることができました。

第2回は、相続財産を把握することを目的として、何が相続財産になるのか、それが遺産分割協議の対象になるのか、遺言で特定の相続人に相続させることができるのかなどを学習しました。

今回も皆さん、真剣に聴いてくださり、本当に助かります。感謝です。
うんうんと頷いてもらったり、一生懸命メモをとってもらったりするとこちらもやる気がどんどん沸いてきます。

今回は、司法書士の代理権が140万円以内の紛争に限られるってどういうこと?
相続登記をしないまま、放って置くとどうなるの?
死亡後3か月以上経過すると、亡くなった父親が保証人になっていることを知らなかったとしても保証債務を負担しなければならないの?
などいろいろな質問もしてもらえました。

前回よりは、双方向の講座ができたと思います。

次回は、いよいよ最終回 遺言を書く です。

全力で挑みます!!

*********************************
さかした司法書士事務所 司法書士 坂下恵司
不動産登記、会社法人登記、裁判手続きの専門家
美濃加茂市、可児市、関市、坂祝町、富加町、川辺町、
八百津町、七宗町、白川町、東白川村、御嵩町
無料相談受付中 お気軽にご相談ください
*********************************

« 第1回 相続人を把握する | トップページ | 坂本龍馬 下関に行きたい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1888191/51729556

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回 相続財産を把握する:

« 第1回 相続人を把握する | トップページ | 坂本龍馬 下関に行きたい »