2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 印鑑をもらうということ | トップページ | ところかわれば… »

2013年6月14日 (金)

落語

難しいことは考えずとも、腹の底から、じわじわと笑いがこみ上げてくる、あの感じがたまりません。

これだけ何もかも早く変化する時代になっても、語り継がれていく「落語」というものは、やっぱりすごいですね。

時代が変わっても活躍されているお笑い芸人のコントを見ると、落語的要素が含まれているように感じます。

「男はつらいよ」にも、落語的要素が含まれているような気がします。

まずは、しっかりした人が見本を見せて、次にとぼけた人がこれを真似するが上手に行かない。

見本には常識が、真似には笑いが含まれています。

常識と笑いが両立している、この点もすごいと思います。

*********************************
さかした司法書士事務所 司法書士 坂下恵司
不動産登記、会社法人登記、裁判手続きの専門家
美濃加茂市、可児市、関市、坂祝町、富加町、川辺町、
八百津町、七宗町、白川町、東白川村、御嵩町
無料相談受付中 お気軽にご相談ください
*********************************

« 印鑑をもらうということ | トップページ | ところかわれば… »

コメント

私が大好きな「桂枝雀」さんは、生前、「笑いとは、緊張の緩和である。」とおっしゃってましたね。
まあ、こんなことを真剣に考えているから、早くに亡くなってしまったんでしょうが。

こう暑いと、「夏の医者」を思い出しますね。

「やめとこう。夏の医者は、腹に障る。」

さすが西川さん、私はこう暑いと…beer
今日は、支部理事会です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1888191/52031425

この記事へのトラックバック一覧です: 落語:

« 印鑑をもらうということ | トップページ | ところかわれば… »